目が…

「目の疲れを表現する言葉って難しいですね。」

 

先日お越しの方からいただいた言葉。

 

そして、行き着いた言葉が

目が重い

でした。

 

 

 

目は重いわけではないのですが、目の周りにまとわりつく何とも言えない疲労感を表現する言葉が見つからないまま鍼灸を受けていただきました。

 

 

 

皆様こんにちは、福岡市博多区のはり灸こんどうです。

 

当院の目の疲れに対する施術は、温灸器を用います。

温灸器を目の周りに充てると適度な温かさが目周辺に伝わります。

 

と同時に軽く圧もかかるため温刺激と触刺激と圧刺激の3つが加わります。

 

目を使う、という行為は眼球というよりは目の周りの筋肉を一生懸命使っている状態なのです。

 

その筋肉を撫で圧し温めることでお顔自体がリラックス状態になります。

 

受けていると「脱力」を実感できます。

 

温灸器の施術後は皆さま一様に「すっきりした」と喜ばれています。

 

 

 

目の疲れを自覚されている方は体全体の疲労や肩こり・頭痛なども抱えている方が多くおります。

 

 

 

福岡近郊にお住まいの方で目の疲れ・体の疲れ・コリに悩まされているのであれば、ぜひ一度温灸器を用いた施術を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ご予約は、予約サイトまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

 

 

 

ご予約お待ちしております。

ネット予約ボタン